海外製人毛ウィッグは品質が悪い、という噂の検証:その2(完結)

寝ても覚めても頭から離れないヘアロスによるウィッグの悩みに寄り添いたい、ウィッグリリアの島袋です。
巷でささやかれている、「海外の人毛ウィッグは粗悪品」という噂は本当なのでしょうか?完結編です。

今回は、外部要因(私が直接やらかしたことではないこと)について

まずはウィッグの材質である毛髪について、次にアフリカ系女性向けウィッグ産業そのものについてお話しします。

前回の記事では、「海外製人毛ウィッグが長持ちしなかった」理由のうち、「内部要因(私がやらかしていたこと)」だけを取り上げました。

まあまあやらかしているな、と自分でも思います。
私のウィッグの扱い方に問題があったことは認めざるを得ませんが、今回はそれ以外の、製造側による「長持ちしなかった(粗悪品と言われても仕方なかった)理由」をまとめていきます。

はじめに、原材料である人毛の特徴と品質について
次に、この産業全体が抱えている問題について、私の実感を元に取り上げてみます。

毛髪について

日本大手メーカーの人毛ウィッグよりも、髪が細く柔らかいウィッグです。

人生のうち、90パーセントの期間をハゲ頭で過ごしており、ウィッグ歴も40年になります。
幸い、両親のおかげで人生最初のウィッグから100%人毛のものを使わせてもらっていました(私のハゲ&ウィッグ人生についてはこちらをご参照ください)。

渡米して、日本製人毛ウィッグからアフリカ系アメリカ人のための人毛ウィッグに買い換えたときに感じたのが、「この髪、細いぞ?」ということでした。
感触が悪いとかではなく、細くて柔らかく、ウェーブがかかっており、日本人の硬い直毛とは違う手触りだなあ、と感じたのです。

原材料である人毛の産地の違い

nonmisvegliateによるPixabayからの画像)

アフリカ系アメリカ人向けのウィッグには、産地が明記されていることがほとんどです。

一番多いのがブラジル、次にインド。
そしてペルー、マレーシア、中国、と続きます。

どこの国の人毛が細いか太いか硬いか柔らかいか、なんてピンと来ませんよね。
ただ、「日本人を含む東アジア人の髪は、他の地域の人種の髪よりも硬くて太い(もちろん個人差があります)」ことを大前提とさせてください。
海外で暮らしたことがある方なら、「現地の美容院に行くと変なカットにされてしまう」ということに心当たりがある方が多いのではないでしょうか。その土地の人々よりも日本人の髪が太くてまっすぐなため、扱いきれないことが原因です。

ですので、海外製の人毛ウィッグはほとんどの場合、日本人の毛髪よりも細くて柔らかく感じる可能性が高い、と言えます。その中でも「インドは細くて柔らかく素直な髪」「ブラジルは細くて柔らかくウェーブがかった髪※記事の末尾注をご参照ください」「マレーシアは中細でウェーブがかった、インドよりはコシがある髪」「ペルーはまっすぐで、硬めでコシのある髪」「中国は日本人に近い、太くて硬めの髪」のことが多いイメージです。

髪が細い、ということは、保護膜であるキューティクルも薄い、ということ。

髪の構造について、みなさまどこかできっと「タンパク質の芯にうろこ状の保護膜であるキューティクルが何層かに渡って巻きついている図」をご覧になったことがあるかと思います。

「キューティクル」で画像検索するとたくさん出ます

このキューティクル、髪が太い人は8層くらいあるらしいのですが、細い人は2〜3層なのだそうです。
髪が細いと、その分保護膜も薄いため髪が傷みやすい、ということになります。

日本の人毛ウィッグよりも髪が細い海外製人毛ウィッグが早く傷みやすいとしたら、「髪が細い」ということは大きな理由の一つになり得ると思います。

人毛ウィッグと一口に言っても、お値段、品質に幅がある

Free-PhotosによるPixabayからの画像)

毛髪そのものの話とはやや趣旨が外れますが、アフリカ系の女性たちが求めるウィッグ像が一般の日本人が思う人毛ウィッグのイメージと少し違う、ということをお話しさせてください。

日本人の一般のイメージとして、「せっかく高いお金を出して人毛ウィッグを買うのなら、よいものを一つだけ買って、なるべく長く大切に使いたい」、そう考えて慎重にウィッグを選びますよね。

でも、アフリカ系の女性たちにとっては、人毛ウィッグは「ちょっといい靴または洋服」みたいな感覚なのです。
一つのウィッグを長く大事に使うよりは、色や長さやウェーブが違うものをよりどりみどりに取り揃えて楽しみたい、そういう感覚です。

ただ、素敵な洋服が欲しいけど、どうしても手持ちのお金がない、という場合もありますよね。
服ならレンタルやリサイクルショップ、新品だけど価格帯が低めのブランド、などが選択肢として挙げられます。

ではウィッグは、と言いますと、レンタルやリサイクルの市場はあまり発達していませんので、安いものを探す際には「化繊のウィッグ」か「安い人毛ウィッグ」という選択肢になります。

アフリカ系アメリカ人向けのウィッグ市場では、お金があまりないけど人毛ウィッグが欲しい、という需要に応えるために「安くて品質のよくないウィッグ」と「高くて品質のよいウィッグ」とが並べて売られているのです。

製品説明をよく読めばわかるのですが、「人毛ならどれも同じ」と決めてかかって「これはお得!」と飛びつくと、キューティクルの向きが揃っていない、管理のよくない、産地のわからない人毛を原材料としたワケありで粗悪な品質のウィッグが届く、ということになります。しかし、需要があるのですから、セラーやメーカーを一概に責めるわけにもいきません。

「アフリカ系の女性のためのウィッグ産業」に由来する問題

乱立する業者が、それぞれ独自に品質の格付けをして、一定しない

上記のように、品質の悪いものが罠のように混じって売られている中、どのウィッグが高品質なのかを見極めることが非常に困難である、という話をします。

できるだけ品質のよい人毛ウィッグを買いたい、と思いながら海外の大手ショッピングモールサイトやメーカー直売サイトを巡っていると、次のようなことに出くわします。

A社には「インド産が最高のクオリティ!」と表記があり、B社では「インド産は品質が一定じゃない。ブラジル産が最高!」とある。C社には「ブラジル産よりもしなやかで長持ちするペルー産がおすすめ!」と大きく書いてあり、D社は「ブラジルやインドは流行遅れ、最高なのはマレーシア!」と譲らない。

さらに、各社独自のグレードや毛髪の種類の基準があるらしく、E社は「レミーヘアが最高のもの」、F社は「ヴァージンヘアが1番」、G社は「最上級のものはAAA(トリプルA)」とそれぞれが違うことを言うわけです。

何を基準に選んだらいいのか、そもそも高品質とはなんなのか、買い物をする側は混乱するばかりです。

百花繚乱のウィッグメーカー、セラーが頻繁に屋号を変えたり潰れたり統廃合を繰り返したりして安定しない

Arek SochaによるPixabayからの画像)

ある通販のウィッグショップで対応してくれた店員さんがとてもよい人で、印象に残りました。
次もそこで買おう、と思っていたら「ご注文の商品、本日発送しました。ところで、私来週XXっていう別のウィッグメーカーに転職するの、サイトはxx.comよ、今度はそっちで買ってね!」というメッセージが来て、なんとなくがっかり、ということがありました。店員さんがよい人であるのはわかっていても、転職先のウィッグの品質まではわかりませんから。

またある時は注文したウィッグと違うものが届いてしまい、慌ててそのショップに連絡を取ろうとしたら、サイトそのものが消えていたこともあります。

これらのことは、ここ十数年で急速にアフリカ系女性のウィッグの需要が膨れ上がったことが大きな原因の一つです。需要を満たすために中国でウィッグ業者が乱立し、下請けの小さなメーカーまで含めれば、まさに星の数ほどウィッグメーカーが存在します。中には安い原材料しか仕入れることができず粗悪なウィッグしか作れない業者もあるでしょう。またレースに毛髪を結びつけるのはすべて手作業ですから、ベテラン職人ばかりの工場かそうでないかで、ウィッグ自体の出来不出来の差も大きくなります。

大小様々なウィッグ業者が乱立する混乱の中、やや成功したところは小さいメーカーを会社ごと買い取って統合してさらに大きくなったり、また親族に「のれん分け」的に会社を分け、その会社が工場は同じだけれどまったく別の屋号で商売を始める、ということも出てきます。

そのような状況のもとでは、安定して良い品質のウィッグを購入し続けることは困難です。

海外製人毛ウィッグは品質が劣る、と一概には言えない時代に入っています。

StockSnapによるPixabayからの画像)

淘汰を経て、自社の強みを生かした戦略を取っているメーカー、セラー。

現在の海外ウィッグ産業は、大きな混乱の波を乗り越えて消費者から選ばれたメーカー、セラーのみが生き残る、というフェーズに入りつつあります。

とある会社は、白人向けのおしゃれウィッグや化繊ウィッグ、エクステの販売を取りやめて「アフリカ系のみ」と狙いを定め、格安商品も置かず、商品の数を絞って探しやすく、わかりやすくサイトをリニューアルしました。

また別の会社は逆に「白人セレブ向け」に特化した会社の運営に乗り出しました。自然に見えるグラデーションカラーやハイライトを多用した、高価な商品を前面に押し出して販売しています。

両社とも、「価格に見合う品質の商品を、消費者に届けよう」という気概が見えます。

信頼の置ける業者を探し出すことが大切

上記の2社はどちらも「消費者の声」をすくい上げた上で、自社が得意な方向に舵を切った例だと言えます。

こうした事例は、まだ多くはありません。
品質と品位を保った、でも価格は下げないウィッグメーカーよりも、格安であまり品質のよくないウィッグを投げ売りする会社の方が、まだまだ数多く存在しています。

「海外製の人毛ウィッグは粗悪品である」と一概には言えない時代に入っている、と実感していますが、慣れない人がうっかり粗悪品を手にする可能性はまだまだ高い、とも言えます。

次回から、「シリーズ:ウィッグを長持ちさせるために」連載を始めます!

粗悪品でなくても、人毛ウィッグはあくまで「消耗品」であることに変わりはありません。
でも、その寿命を少しでも伸ばしたいのが人情。
次回より、長持ちさせるためにやってほしいこと、またやってはいけないことを書いていきます!


※注:ブラジル産については「細くて柔らかくウェーブがかった髪」と一言で片付けられないことがあります。なぜなら、ブラジルは人種の坩堝(るつぼ)であり、ほぼ日本人(日本語族, Japonic)だけで構成されている日本に住んでいるとちょっとわけがわからないくらい多種多様の人々が暮らす国だからです。
無理やり簡略化して説明しますと、ブラジルには「元々の原住民」「白人」「黒人」「アジア人」が在住、または移住しており、そしてそれらがミックスした「Pardo」と言われる人たちが現在の主流で、その「Pardo」もまた5種類に分かれています。
その人種によって髪質も違ってきますので、ブラジル産の毛髪であっても「細くて柔らかくウェーブがかった髪」ではなく「まっすぐで中細の髪」であることも時折(実感としては3割程度)あります。

ブラジルの人種の構成については、下記サイト(Wikipedia、英語です)を参照しました。