【ウィッグの種類】その3:シルクトップについて

レースフロント、またはフルレースウィッグに、シルク製の人工頭皮がついたものです

↓クリックで大きな画像をご覧になれます。

ザ・頭皮!としか言いようがない写真です。
大きな画像を拡大してよく見ると、非常に目の細かいシルク地であることがおわかりいただけます(実物を目視してもわからないくらいの細かさです)。

キャップの構造

額の生え際から1センチ程度はレース、その上から頭頂部までを縦横どちらも10センチくらいの、シルクの人工頭皮が覆います。

シルクトップのメリット・デメリット

メリットとして、

  • レース地だけの場合、よく見ると植えてある毛髪の「結び目」がポツポツと見えてしまうが、シルクトップなら、地肌から毛髪が生えているようにしか見えない(下の画像をご参照ください)
  • 頭頂部をじっと見られること(電車で座っているときに、立っている人からの視線など)が怖くなくなる

  • というところが挙げられます。

    ↓クリックで大きな画像をご覧になれます。

    デメリットとしては

  • レース地の上にシルクが乗る形なので、シルクトップ部分のみベースが厚くなり、そこだけ浮いているような気がする(見た目には不自然に見えることはありません)
  • よく見るとレースとシルクトップの境目に縫い目があるため、おでこの生え際からシームレスに頭頂まで分け目が続くヘアスタイルは避けたほうが無難(下の画像をご参照ください)
  • シルクトップ部分の髪の密度が高く、頭頂部に余分なボリュームが出やすい

  • ということが言えます。

    シルクトップは絶対に必要か、そうでないか

    これは個人的なことですが、シルクトップがあると雨粒を頭皮で感じられません。

    何言ってんだ、と思われたでしょうか(汗)。
    私の場合はまるっきり自分の髪がないので、フルレースを地肌に直接装着しているんですね。そうすると、雨が降ってきたのが頭皮でわかるんです。まるで普通の人みたいに。
    これは、フルレースウィッグに変えてから一番感動したことだったんです。ヘレンケラーの「ウォーター!」みたいな気持ちになりました。「…雨!!」って。

    シルクトップはそれがない寂しさがある。でも、見た目は一番自然なんです。
    私個人は、雨粒を感じられるほうが好みだったのと、田舎の車社会で生活しており、満員電車で頭を上から見られるようなことがほとんどないため、シルクトップなしのフルレースに落ち着きました。
    悩みどころですよね。

    次回は医療用ウィッグについてご説明します

    2020年3月17日、医療用ウィッグについての記事を更新しました。

    このシリーズの記事一覧