【ウィッグのケア】その1:シャンプーとコンディショナー

人毛ウィッグを洗うタイミングと洗い方

私(このサイトの管理をしている島袋りりあです。ハゲた経緯とウィッグ歴などはこちら)は年がら年中毎日毎日ウィッグを着けて過ごしています。
そのウィッグ、一体日頃のお手入れはどうなっているんでしょう?
ここでは、洗うタイミングと洗い方のお話をします。

いつ、どのタイミングで洗うといいの?

気づいたら4日ほど連続で装着していたとき

特別なイベントが何もない日が続いても、ウィッグにはホコリや油脂などのいろんな汚れがどんどん溜まってきます。
4日ほど連続でかぶっているな、と思ったらそろそろ洗いどきです。
※連続で、と表現していますが、毎日取り外して頭皮を洗うことを推奨します。島袋は付けたままで過ごすことも多いですが、その辺りは自己責任でお願いいたします。

何となくもさもさ、ベタベタするとき

もさもさと髪が乱れたり、ベタベタして手に負えなくなってしまうこと、ありますよね。
髪に水分を与えてもさもさを防ぎ、表面の汚れを取ってベタベタを解消するためにウィッグを洗いましょう。
また、この状態は髪が傷んでしまって買い替えどきのサインかもしれません。
洗っても解消しない場合は、買い替えをご検討ください。

焼肉、BBQに行ったとき

人毛は油やニオイをとにかくよく吸い込みます。
焼肉のような食事の後は洗ってしまいましょう。
バーや居酒屋などのタバコの煙も同様です。

シャンプー、コンディショナーの使い方

専用のシャンプーやコンディショナーが必要かどうか

人毛100パーセントのウィッグは、専用品でなくともドラッグストアなどで手に入る普通のヘアケア製品を使用できる、というのが大きなメリットになります。

ですが、普通の人間の髪でも、ヘアケア製品が合う、合わないといった「相性」はありますよね。
私も自分が愛用しているウィッグのために数多くの製品を試しました。相性のよい、手に入りやすい製品があったらいいな、と思ったのです。
結果、悪くないと感じるものはあったのですが、どの製品もちょっと「過剰」だと感じました。

そこで、提携している美容室の協力を得て、過剰ではない、マイルドなシャンプーとコンディショナーを開発していただきました。

ウィッグリリアの人毛ウィッグは髪質が細く扱いやすいのですが、細い髪であることで摩擦や乾燥に弱いという面も持ち合わせています。
できましたら専用のヘアケア製品で摩擦や乾燥から守りながら優しく取り扱っていただき、大切なウィッグを長く使っていただきたいな、と思っています。

シャンプー、コンディショナーの使い方

自分の頭髪と違い、取り外して洗うので、洗面台でも、なんならキッチンでも洗えます。
洗う前に乾いた状態で必ずブラッシング(リンク先をぜひお読みください)をして、もつれなどがないようにしてください。
濡れてしまってからは、もつれを解きほぐすのが非常に面倒です。

シャンプーはぬるま湯をご使用ください。
水だとシャンプーが持つポテンシャルを存分に引き出すことができず、汚れ落ちが悪くなります。
洗面台にぬるま湯を張り、シャンプーをシュッと回し入れ、手でかき回して泡立てからそっとウィッグを浸して優しく押し洗いしてください。
すすぎはぬるま湯、または水で。3〜4回、水を替えながらしっかりすすいでください。

コンディショナーも、ぬるま湯で。
シンクか洗面器にほんの少しぬるま湯を入れてコンディショナーを溶き、そこに軽く水を切ったウィッグを浸し、ウィッグ全体にコンディショナーをなじませます。
なじんだらすぐにすすいでもいいのですが、痛みやパサつきが気になるときは5分ほど時間を置いてからすすいでください。
シャンプーと同じように、最低3回、しっかりとすすいでください。

ドライヤー、必要?

実のところ、ドライヤーは、使っても使わなくても。

シャンプー&コンディショナーのあと、軽くタオルドライ(マイクロファイバーのバスタオル、オススメです!!)したウィッグをウィッグスタンドか、スカーフ用のハンガーにかけて乾かします。

ドライヤーを使用しなくても、だいたい一晩室内に置いておけば乾きます。が、周囲の環境次第で乾くのに時間がかかりすぎ、雑菌が繁殖して不快なニオイの原因となることがあります。その場合はドライヤーを使用して短時間で乾かしましょう。
その際、ドライヤーの角度はなるべく真上から。ウィッグから20センチ以上離してくださいね。

ちなみに、この写真が私のウィッグの乾かし方(笑)。
こんな方法でもちゃんと乾きます。

ウィッグを掛けるのに使っているのは、ニトリのスカーフ用ハンガーです。
2年以上前に買ったので今あるかどうか定かではないのですが、類似の商品が必ずどこかにあると思います。ウィッグスタンドよりも場所を取らず、便利ですよ!

【ウィッグのケア】シリーズの記事